30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

鬼滅の刃を深堀する

32歳でアーリーリタイアしたBAGUSです。


いつも最後までお読みいただき有難うございます

ブログランキングに参加しています。

ビジネススクールセミナー部門第1位独走中です!

よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村

鬼滅の刃を深堀する

鬼滅の刃を見てきました。
正確には鬼滅の刃無限列車編です。
アナ雪の時を同じように、まず見なきゃはじまらないからです。
まぁアナ雪は映画館ではなく飛行機で見たんですけどね。


で、観た結果ですが、アナ雪ほどではないですが、鬼滅の刃も涙の感動場面がありました。
そこで、この映画から受けれる恩恵と、活かし方について深堀していきたいと思います。
初めにお断りしておきますが、かなり偏った意見を書きます。
しかしどの道、何かで成功する人は何かに偏った考えを持ってるしそれで良いと思うんです。



所詮アニメとバカにするなかれ!


鬼滅の刃・・・・大人からすれば所詮子供の見る漫画と思っている人も多いと思います。
私も以前はアニメーションのことをそう思っていました。
ジブリが流行ったころ、幼少だった私の娘が観ていましたが、はじめは見向きもしませんでした。
しかしうっかり(笑)観てしまったところ、感動してしまったのです。


画像の技術もすごく高く、ストーリーも大人でも感動できるものになっています。
なのでアニメ映画がこれだけ興行売り上げがあるのです。
昨今はアニメであっても映画館の半分は大人だったりします。
作り手も大人にも楽しんでもらえるように考えているとも思われますね。



なぜ鬼滅の刃が国民にウケるのか


もちろん画像の技術が凄いから国民にウケているのではありませんよね。


私がなぜ鬼滅の刃が国民に受けたかと思うかと言うと、正義の味方が悪を倒すと言ういわゆる性善説的な考えが人間が求めているものであるからだと思います。
誰も正義が悪を滅ぼされてしまうことを望んでいません。
正義が勝つことを求めています。
そこに教訓的な感動が加わればなおさら人の心に残ります。
鬼滅の刃の教訓は、自分の仲間を守るため自分が犠牲になると言う「自己犠牲」の気持ちだと思います。
特に自己犠牲は日本人にとって美しく、感動の涙を誘うでしょう。



この映画に感動した国民の行方は

子供の場合

多くの子供の場合、仮面ライダー的に自分の中でのヒーローとして偶像になるでしょう。
主人公の少年・竈門炭治郎は子供のヒーローであろうし、青年層なら副主人公の20歳の青年・煉獄杏寿郎あたりがヒーローになるのでしょう。
私はコロナまでの数年、中学校で不登校生徒のボランティアをしていましたが、中学生でも鬼滅の刃は充分ヒーローに成りえます。
実際そうなっているのを目の当たりにしています。


そういえば私が幼少の頃も仮面ライダーの変身ごっこなどをしてよく遊んだものです。
まさに仮面ライダーは自分の中のヒーローだったわけです。



大人の場合


大人の場合は、結論から言えばその場の感動で終わる人が80%だと思います。
なぜなら、鬼滅の刃だけではなく、アナ雪でもワンピースでもその場の感動で終わってきた人をたくさん見てきました。
その時感動して、何かを自分の心に決めたとしても、結局何も変わってない人がほとんどなのです。
そして、会社で上司の悪口を言う人はそのまま、ママ友井戸端会議で毒舌を振るう汚ママ、相変わらず保身ばかりする人、相変わらず勇気を出さない人、相変わらず新しいことに挑戦しない人・・・・結局そのままなのです。
ほぼ80%の人がそういう道を辿ります。



しかし考えてみれば、遊園地のジェットコースターもその時だけ怖いだけでその恐怖は薄れて行きまし、友達の結婚式で感動しても案外次の日にはすっかり冷めていることが多いですよね。
ですので、そもそも映画の感動が長く続く必要はないのかもしれませんし、その場の娯楽でいいのだと心から思います。



ただ20%の人はそれを活かそうとします。
もちろんこれは20%の人が何かを得る、成し遂げるということではありません。
ただ私はこう言いたい。
「活かそうと人前で口にしたんだったら、もっとしっかり活かしてみませんか」



パレートの法則

パレートの法則を知っていますか?
ことビジネスにおいては引用されることが多く、当たらずしも遠からずの現象です。


wikipediaより引用

現代でよくパレートの法則が用いられる事象
ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行うほうが効率的である。
商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
住民税の8割は、全住民のうち2割の富裕層が担っている。
プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。


つまり、鬼滅の刃を見て、その場の娯楽で終わる人が80%・自分に活かそうと試みる人は20%です。
そして自分に活かそうと試みる人の中でも、活かそうとして活かせない人が80%・活かせた人が20%になります。



自分を変えたい人にとってこの映画はどうか


さてワンピースにしても鬼滅の刃にしてもインターネット等を見てもわかるんですが、ビジネスに生かそうとする人達が一定数います。
例えば、一時期こぞってワンピースをビジネスに活かすブームがありましたが、ワンピースを観てない人でも成功していますし、私も未だにワンピースは漫画も映画も観ていません。
なので成功の条件は見たか・見てないかではないのです。
たしかに平成後半からは、仲間意識が重視されるようになり、ワンピースがもてはやされました。
30年前は強い人がパワーを持った光を出し、普通の人が影響受ける時代でした。
現在は、親友を超えた、家族を超えるような仲間が重んじられているように思います。
ビジネスリーダーの中にはこの考え方を取り入れ成果があった人もいると思いますし、私もそう在りたいと思います。



本当の成功は、映画によって上っ面の影響を受けるのではなく、自分自身が変わろうと行動してこそ意味があるということです。
そのきっかけに映画がなるかもしれないというだけのことです。
鬼滅の刃を見て、その場の娯楽で終わる人が80%・自分に活かそうと試みる人は20%です。
そして自分に活かそうと試みる人の中でも、活かそうとして活かせない人が80%・活かせた人が20%になります。
この活かせた20%の人は、自分が変化し行動し続けた人なのです。




本当に変えたいならどういう行動を取るべきか


「そもそも映画ぐらいどうでもええやん!」
私はあまり映画に影響されないのでそう思ってしまうのです。
感動もその場で終わるタイプの人間です。
今まで見た中で影響があったとすれば、グレートウォール(5回観た)・ラストサムライ(20回以上観た)ぐらいです。
この2つの映画からは観た回数からしても自分の心に必要なモノが新たに備わったと思われます。


もし鬼滅の刃に感動して人生を変えたいと思うきっかけになったのなら、是非変化するための行動をし続けて下さいね。
具体的には自分がなりたい人生に既になっている人のそばを離れないことです。
いわゆるメンターといっても良いかもしれません。
「変化」するには、とにかく自分のなりたい人が属する空間に身を置きインプットをたくさんしてください。


一番大事なことは誰と一緒に居るかです‼️


そして成功するためにアウトプットをし続ける「行動」を取ってください。
インプットはさほど勇気が要りません。
インプットが面倒くさいとかは論外なので、インプット面倒がる人は成功はちょっと難しいかなと思います。
そして大事な事は、いくらインプットしても、それだけでは評論家になってしまいます。


そこで成功に必要なのがアウトプットです。
アウトプットは勇気がいりますし、人との摩擦も起こります。
そこが皆さん怖いのだと思います。
じゃ煉獄杏寿郎になぜ感動したんですか?
自分にない勇気があるからではないのですか?
その勇気を自分のモノにしたくて鬼滅の刃に感動したって言っているのではないですか?

是非たくさんインプットし、たくさんアウトプットしてください。
そして過去の自分を超えていきましょう!

f:id:BagusSurf:20210102021416j:plain

風の時代の新しい生き方に興味がある方は是非公式LINE登録お願いします。
風の時代が始まりました!今こそアーリーリタイア! - 30代アーリーリタイアのススメ
公式LINE登録はこちらからお願いします。
登録と同時に、「副業を選ぶ時、ここだけは押さえたい!」という、プレゼント動画が送られます。
↓   ↓



B A G U S S U R F