30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

私のサーフィンの世界観

32歳でアーリーリタイアしたBAGUSです。

f:id:BagusSurf:20200427221258j:plain

こんにちは!BAGUSです。
私は30歳でサラリーマンの傍ら始めたネットワークビジネスで32歳でアーリーリタイアしました。
「おかげさまで」将来の不安もなく、心穏やかな楽しい人生が続いています。
今日は、私がながらくやっているサーフィンの世界観ついて考えてみたいと思います。


2020年8月31日、久しぶりのまともなサーフィンでした。
いい波に当たらなかったここ数ヶ月。
これだけいい波に乗ってないと、もうサーファーとしては終わったかと言う不安もあったんです。

f:id:BagusSurf:20200901085919j:plain


ポイントに到着して、人の多さにウェ~~となりながら海に入ります。
アーリーリタイア後、海外でのサーフィンがメインになっているので、国内は平日でもメジャーポイントの場合、私から見たら混雑しているという状況に遭遇することもあります。
まさに昨日がそうでした。
しかし今日はホントたまたま波長が合って、混雑の中スピードに乗っていい波を決めれました。
大きい波は苦手なので、腰・腹・胸というちょうど私の好みの波だったから調子が良かっただけなんですけどね。


何本かいい波に乗ったら、僕が波に乗ろうとパドルをするとほかのサーファーが遠慮してパドルをしなくなったんです。
サーフィンにはそういう序列があります。

f:id:BagusSurf:20200901090023j:plain

しかし僕は「さっきは譲ってくれてありがとうございます」と周辺のけっこう乗るサーファーに声をかけました。
近くで波待ちをしていた数人のけっこう乗るサーファーたちにです。
これはほとんどのサーファーがやらないんですよね。
仏頂面でサーフィンしてる人がほとんど。
しゃべってみればいい人が確かに多いんですが、黙っていたらその魅力もわかりませんよね?


だから、僕は常に挨拶して相手のライディングを全力で褒めるんです。
「今のよかったですねー」
「スプレーがすごかったですよ」
「そんなにうまくなるのにどれぐらい練習したんですか?」
しかしそうすると場が一気に和むんです。
仏頂面のサーファーからも白い歯がこぼれます。
いい波乗ってラインナップに戻ってきた時お互いピースサインまで出たりします。
そうなると波も譲りあうんですよね。


f:id:BagusSurf:20200901090211j:plain


自分だけが乗らず他のサーファーにも波が来ると順番で回す、これが当たり前のマナーです。
自分が乗れるからと言ってツンと無意識に威張るのではなく、そこに来ているみんなと楽しめるようなサーフィンができたら最高ですね。
「今日サーフィンに行ったらね、知らないサーファー同士で楽しくサーフィンできたんだよ」
そんな日になってほしいんです。


それが僕のサーフィンの世界観なのです。


どんな時でも「誰のおかげで今自分があるのか」ということをよく考えていくことが大事ですね。
私は常にそれを忘れないように心がけています。


アーリーリタイアするリアルな情報が欲しい方公式LINE登録
こちらからお願いします。
↓   ↓


ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村



B A G U S  S U R F