30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

ルーズベルトの言葉に学ぶ

32歳でアーリーリタイアしたBAGUSです。


こんにちは!BAGUSです。
私が影響受けた偉人にフランクリンルーズベルトと言うアメリカ合衆国元大統領がいます。
そのルーズベルトの言葉は少なからず自分のやってきた事と重なるし、またズレそうになった自分を戒める意味でも影響を受け続けています。
つまりしっくりくるんでしょうね。
その中でも特に自分を奮い立たせている言葉をいくつかを紹介したいと思います。

f:id:BagusSurf:20200616090105j:plain


INDEX

私が影響受け続けているルーズベルトの言葉

「保守的な人は完璧な2本の足を持っているが、前に歩く方法を決して知らない人のことである」

私はサラリーマンと自営業の両方を人生で経験しています。
サラリーマンの時は節約をし社内預金にを貯めることに傾倒しておりました。
株や証券で収入を得ていたこともあり、社内預金は30歳で社内トップになりました。
立っているだけの足ならば、まさに完璧な足を持っていたといえます。
その頃の私はとにかくお金は貯めるものと言う発想を持っていました。
なので取引先の社長が「金は天下の回りもの」だとか「お金は使えば入ってくる」と言っていることの意味がよくわかりませんでした。
お金は使えば減るものとしか思っていなかったのです。


私は30歳の時にネットワークビジネスと言う「2本足で前に歩く方法」を今思えば知ったような気がします。
はじめて自分の足で歩くチャレンジを始めたわけです。
そこから生き金と言うことの意味を分りました。
お金を使わないべき所には使わず、使うべき所には思い切って使うということが生き金であり、成功する人のお金の使い方なんだなと言うことがわかりました。



「3時間真剣に考えて結論を出したら、3年間真剣に考えても結論は変らない」

私は生まれつき物事を決めるのがすごく早かったのです。
これはラッキーでした。
保守的であったサラリーマンの時でも物事を決断するのは早かったように思います。
やろうと思ったことに関してはまず体験レッスンなど私には必要ないのです。
サーフィンもボウリングも自転車も・・・・全部道具を揃えてから初めて初回に臨みます。
そういう性格なんです。
しかしそういう性格だったことが災った事はあまりないのです。
どちらかと言うと良いほうに転んだほうが多かったです。


しかしながらレストランに入ってもメニューを決めるの遅い人がいたりすることも知っています。
また何かを始めるのに、ものすごいスロースターターの人もいます。
よく考えているように見えても、考えたのは少しの時間だけ・・・あとは考えていない時間がただ続いてたけるだけの人たちと断言できます。
やはり成功も遅いです・・・・というか成功しないです。


何でもインスピレーションで動ける事は素晴らしいと思います。

f:id:BagusSurf:20200613062057j:plain
インスプレーションで行った元乃隅稲成神社



「幸せは、金を溜め込むことにあるのではない」

私はサラリーマン時代、貯金通帳を見てニマニマするのが生きがいでした。
どれだけ出張費を節約して貯めるかを頑張っていました。
しかし、貯金が増えてもちっとも将来の夢は実現しそうになかったです。
結局、サラリーマンのセオリーに従って、これから訪れるであろう結婚・出産・家のローン・クルマのローン・学費・・・・。
そのために貯金していたわけであって自分の夢のためではなかったからです。


ネットワークビジネスをサラリーマンと並行して初めて2年で、貯金が1200万円も増えました。
10年間爪に垢をともして貯めた1000万円をたった2年で越えてしまいました。
そして株では400万円ほど損しましたがあまり気にならなくなっていました。
そこから無駄使いも含めいろんなモノ・コト・ヒトにお金を使うようになりました。
成功したころはスポーツカーや高級賃貸マンションにお金を使いましたが、今は投資やヒトにお金を使うようになったのです。
どれも死に金ではなかったですが、生き金の度合いは年々上がってきています。


なのですごくセコイ人を見ると悲しいんです・・・・
・ビジネスに投資をケチる人
・交通費をケチる人
・他人にお金をかけない人
・1円単位で割り勘する人
・常にご馳走になろうとする人
・尽くしたことを恩に着せる人
・アンチコメントを書く人

アンチコメントはSNS時代ならではですね。
アンチコメントや人の中傷非難を投稿するような人はクソ人間ですね。
例えば、私はサーフィンをしますがコロナ禍でサーフィンが叩かれました。
そしてサーファー同士がSNSで罵り合っていました。
ホント馬鹿ですね。
そのパワーを前を向いて歩くことに使いましょう。
そうしないといつまでもSNSにしがみついて、くだらないことや人の悪口を書くバカのままですよ。



まとめ

ケチとビビリは何しても成功しないという言葉がありますが、実際私はネットワークビジネス始めるまで案外ケチでビビリだったと思います。
しかし「誰といつどのタイミングで出会うか」で自分の未来は変える事が出来るんです。


お金はどんどん使いましょう。
使うお金がない人は稼ぎましょう。
それが資本主義を泳いでいくコツなのです。



f:id:BagusSurf:20200323155412j:plain


私は副業で始めたネットワークビジネスで、32歳でアーリーリタイアしてから20年以上になります。
サーフィンと海外旅行中心の生活を、ストレスなく送っています。
ネットワークビジネスでアーリーリタイアするリアルな情報が欲しい方公式LINE登録
こちらからお願いします。
↓   ↓


関連記事◆
やってはいけないネットワークビジネス10箇条 - 30代アーリーリタイアのススメ
ネットワークビジネス の 新しい広げ方 - 30代アーリーリタイアのススメ





ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村


B A G U S  S U R F