30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

投資になるクルマ 副業

いつも最後までお読みいただき有難うございます。
32歳でアーリーリタイアしたBAGUSです。
ブログランキングに参加しています。
ビジネススクールセミナー部門第1位独走中です!
よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります
⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村


見せかけの権威は要らないことに気づいた日

f:id:BagusSurf:20200410145644j:plain


この記事を読むメリット

●  見せかけの権威は要らないとわかる
●  高級車は負債だとわかる
●  住宅も負債だとわかる
●  負債を投資に変えれば良いことがわかる


高級車は負債と気付いた

最近高級車に乗るのはやめました。
正確に言うと値段の下がるクルマに乗るのはやめました。


高級車への憧れ

32歳でアーリーリタイヤした時、やはり良い車に乗りたかったです。
ある意味、男なら自然なことではないでしょうか。
それまでは勤務先の福利厚生で、三菱のパジェロの新車にリース契約で乗っていました。
アーリーリタイア直前の出張だらけのサラリーマンの時、副業で収入を得てポルシェを買いました。
3000km走行の中古車でしたが、まだ新車の匂いが残っていたクルマでした。
ポルシェはパジェロと違いゴツイバンパーがなくツルっとしてるためぶつけるのが怖かったのが懐かしいです。
(もし今乗っていたらものすごく高くなっていました)

31歳でポルシェ夢のオーナーに


金持ち父さん貧乏父さん

ロバートキヨサキ著の「金持ち父さん貧乏父さん」を40代で読むことになります。
私はその時はすでに権利的収入で長い間暮らしており、ある意味夢をたくさん実現した状態でした。
なのでロバートキヨサキ氏の本に同意はするものの、自分もある意味勝ち組だと思っていました。
本に書かれていることを自分に都合のいいように受け取っている状態でした。


そしてクルマに関しては旧車以外はほとんど新車で購入していました。
台数でいうと20台ぐらいです。
うち国産車は3台です。
中古車の会社をしている友人には、「もったいない買い方するなぁ」と言われていましたが、全く意に介せずでした。




そして多くの方が私と同じようなクルマの買い方をしているのを見て、それが普通だと思っていたわけです。
イタリア車・フランス車・日本のハイブリッド車は売る時さんざんな値段に下がっていました。
特に3年以内に売ると大損でしたね。


リセールが悪いフランス車も乗りました。


イタリア車は色気あるけどリセールは全敗。
ランドローバーもディフェンダー以外は全敗。



住宅は負債だと知っていた

私は不動産ビジネスをしていましたので、新車が損である事に気付かないのに、新築の家は損だとわかっていました。
駅から歩ける建売住宅は家の価値がなくなっても土地の価値が残りますが、マンションはコンクリートの値段しか残りません。
それならコンクリートの価格だけになってから買えば同じ広さが格安で買える事になります。
私はそうやって資産とキャッシュフローを増やしてきました。
なので、新築で買うなんて、中古の不動産を扱う私には考えられませんでした。


中古車屋を営む友人が、私が新車を買うと「もったいない」と言っていたのと同じですね。
はっきり言えることは、お互いの専門だと新品で買うのは損だということは共通しています。
素人が副業不動産投資がNGな訳 - 30代アーリーリタイアのススメ




見栄を張り生活がギリギリな年収900万円の中産階級

私は不動産をしていた時に感じた年収別ステレオタイプです。

新築の3000万円の家を買う人・・・・年収400万円の人が多く、クルマは国産の300万円前後の人かクルマ所有しない人が多い。
新築の6000万円の家を買う人・・・・年収900万円の人が多く、クルマはレクサスやドイツ御三家・ポルシェマカンなど600万円から900万円。
(年収400万円で高級車に乗る人・・・ そもそも家を買えない)


これで比較すると年収400万円の人と年収900万円の人は所有物こそ違えど、生活のレベルはあまり変わらないと言えます。
年収900万円の人は家クルマ以外にもステイタスを求め、子供のお受験・洋服・ママ友井戸端ランチなどにも出費が嵩むものです。
こう見ると、少なくとも年収900万円の方が豊かとは言い切れないですね。
年収900万円の多くの人にもったいない感じるところは、ステイタスを求め所有物にローンを組んでいることです。
年収400万円と同じ所有物にして、余ったお金を自分への投資や事業に回したほうが良いと思います。


しかしそれに気づいてる人ほとんどいません。
私も32歳でアーリーリタイアしてからクルマに関してはステータスを求めました。
そういった思考の人が今の日本にはたくさん必要だと思います。
むしろそういう人がいるから日本の経済が回ると言うのも事実でしょう。


世の中には無駄と言う贅沢をできる億万長者の人もいます。
その人は豪邸に住み、車を複数台所有しています。
そういう人は資産価値が下がるとこを考える必要がないので、好きにされればいいのです。
普通の小金持ちの人とは比較にはならないのです。



どうせなら投資に変えよう

私は2年前にやっと新車生活にピリオドを打ちました。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでから実に10年以上が過ぎていました。


私は車に関しては、最低でチャラ・出来たら投資、と言う感覚になったのです。
もちろん世の中の人が全員そうなってしまうと日本の経済が回らなくなるので、このブログを読んだ人の中で自分も高級車をやめようと思う人がいても良いと思うのです。
住むための家であっても、結果的に投資になるものを買いましょう。
もちろん住宅は「住むための家」なので投資目的ではありませんが、もし売る必要性が出てきた時に、売りやすいものを購入するのが賢いです。



投資になるクルマ

これは難しいです。
なにが難しいかと言えば、私自身ポルシェに乗っている時にはこのクルマが高値になるとは思ってなかったということです。
なのでずっと所有しておけば良かったのですがつい新車に目が眩んだわけです。

過去投資になったが今は手が届かないクルマ

スカイラインGTR
ポルシェ911空冷エンジン
旧年式のフェラーリ
旧年式のアメリカ車・イギリス車

どの車種も中古になり人気がどん底の頃は200万円で売っていた時期があったはずです。
その時買っていれば今なら車種によりますが1000万円差益があったかもしれないですね。


安く買えたら現在でもプチ投資になるクルマ

バルサンバー(RR車に限る) 
スバルインプレッサSTI
ランサーエボリューション
ボルボ240
いすゞ117クーペ
ランドローバーディフェンダー
セドリック・グロリアワゴン/バン(未改造車)
メルセデスベンツW124

あくまでも一例ですが、これらはすでに値上がり傾向です。
なので今後高くなっていくことは必至でしょう。
なので安くて程度の良い個体が買えたら、30万円から100万円程度の投資になる可能性が高いです。
ただ、今はその投資金額が乗っかってしまって販売されている個体が多いので注意が必要です。


S124型のベンツも当時乗りました。
もし今まで我慢して乗ってたら値打ちがあった。



20代が買える投資になるかもしれない激安のクルマ

ボルボ940 (最後のFRのカクカクボルボ
レガシイランカスターワゴン (アウトバックの前身)
アウディTTクーペ(初代)
クラウンワゴン(未改造車/特にベンチシート)
クラウンエステ-ト(激安です。未改造車に限る)

あくまでも一例です。
今だとかなり低価格で買うことが出来ます。
程度の良い個体を安く購入し、きちんと手入れしていれば最大50万円ぐらい投資になるかもしれません。
ただ、まだ値上がりは先なのでそれまでに故障に耐え切れなく手放さなければという条件つきです。


私は20年前、四国で初老のサーファーがボルボ940エステートを乗っているのを見て憧れました。
しかし当時オプション色だった白*1がなかなかないんですよ。
2年前にカーセンサーで白の個体を偶然見つけ、新車のジープを処分して購入しました。
そのボルボ940エステートはエンジン不調だけど外装は磨けばどうにかなる程度でした。
車検も取って総額50万円で乗り出し、そこから30万円かけて改良を重ねました。
外国車なので、もちろんディーラーでやると30万円で出来るわけがなく、余裕で100万円を超えるので必ず主治医が必要です。

23万円で買ったボルボ940白いエステー


たまたま実家にある古い車で、特にクーペタイプかエンジンが名機であれば、綺麗に乗っていればいずれ価値がつくかもしれません。



投資にはならないが新車で買って長く乗れば必ず元が取れるクルマ

ジージーラングラー
ジムニー
メルセデスGクラス

これはテッパンです。
SUVというカテゴリーの丸っこい背の高い車ではなく、カクカクゴツゴツ系の4WD車です。
私がもし今新車買うなら、ジーラングラー(4ドア車)かジムニーですね。
恐ろしく値段が下がりません。
ローンで購入して、売る時もローンの残高以上の価格で再販できる車はこれぐらいじゃないでしょうか。
この中では私はメルセデスGクラスは新車で買いません。
ベンツというステイタスで販売台数が多く、もともとの新車価格が高いのでリセールが他の2車より不安があるのと、「ベンツのジープのカタチしたヤツ」と女子が言うからです。
つまりベンツのジープっていう表現から、ジーラングラーの方がオリジナリティは上だからです。

プチ投資になったジーラングラー


20代が買うならゼッタイこの新車

20代で地方に住む人なら、通勤に軽自動車を使う人も多いと思います。
ジムニーを買っておけばモテることも間違いないですし、リセールも間違いないでしょう。



今すぐ何か始めよう

以上のようにクルマも買い方によってはプチ投資になります。
または損せずに乗れるのです。
しかしクルマの投資と言っても大儲けはそう簡単には出来ません。
必要に迫られてクルマを買うなら投資家感覚を持っておく・・・
その程度が関の山でしょう。
ですので、今すぐできる新しいことを始めてみましょう。


1つの仕事しか出来ないとか言ってる場合ではありません。
またそのたった1つの仕事が満足にできないなら、その仕事は向いていないのではないでしょうか?
そんな負け試合みたいな仕事は捨てるという選択も必要です。
副業 会社バレはどうなる? - 30代アーリーリタイアのススメ



ライスワーク(食べるための仕事)は必要です。
そこに新しく副業を加え、ライフワーク(楽しむための仕事)を持ちましょう。
将来の不安のない権利的収入が持てる副業でをおススメします。
やってはいけない副業3種類 - 30代アーリーリタイアのススメ
やってもいい副業5種類? - 30代アーリーリタイアのススメ



私のビジネスはネットワークビジネスを通し、アーリーリタイアしたい人を支援しています。
公式LINE登録はこちらからお願いします。
登録と同時に、「副業を選ぶ時、ここだけは押さえたい!」という、プレゼント動画が送られます。
↓   ↓

で、私ですがジムニーシエラが欲しいのです。
でも人気ありすぎて2年待ち(笑)
本当に税金対策で困ったらベントレーにします。


B A G U S S U R F

*1:しかも白がオプション設定あったのはたった1年だった