30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

0円で起業する権利的収入ビジネス

32歳でアーリーリタイアしたBAGUSです。

世の中の変化は光速で進化しています。
1年前までティーンエイジャー向きコンテンツだったTIKTOKがあっという間に自己啓発のサイトへ変わっていました。
YOUTUBEも個人の成功のチャンスだったものがどんどん法人も参入してきます。
AIの登場もあり2030年には今の世の中が激変しています。
あと10年です!
◆関連記事◆
ネットワークビジネス VS 不動産投資 20代副業はどっち? - 30代アーリーリタイアのススメ

f:id:BagusSurf:20200410145644j:plain


この記事を読むメリット
● お金がなくても起業できることがわかる
● 0円起業でも億万長者になれることがわかる
● 楽して成功したいという考えはゴミだとわかる
● やるべきことを好きになれば成功することがわかる


INDEX

0円で起業する権利的収入ビジネス

そんな都合いい仕事あるのか?

コロナや天災のような有事がある時ほど特に何かをしなければと思う人が多いですね。
私はサラリーマンやってた25歳の時、不動産屋をやろうと思って宅建を勉強したことがあるんです。
しかし独立するのに結構なお金がいる。
そのリスクを取った経営者はすごいなぁと思っていました。

当時の取引先の社長が「金は天下の回り物」「お金を使うほどお金が入ってくる」と言ってました。
「お金は使うとなくなるもの」と思っていた私はそれがよく理解できなかったです。
だから社内預金をいかに貯めるかを考えていました。

20台の私は起業するのにお金がかからなければいいなぁと思っていました。
しかしそんな都合いい話もないですし。
5台止めれる駐車場や小さいアパートで賃料収入を取るにも億近いお金が必要だったんです。

それと私が小学校2年の時に父親の会社が倒産したので、潜在意識に社長=危険という図式も刷り込まれていました。
豪邸があっという間にアパート住まいになったことは子供の私にも大変なことだとわかりました。

やっぱり私は独立する勇気がなく定年まで働こうと諦めたのです。




0円ネットワークビジネス起業に興味津々

そんな行き場のないモヤモヤ感で過ごしていた29歳の時、何回も断っていたネットワークビジネスが、今度は弟から来ました。

弟曰く、「伊勢の海が外国になるで~」と言っていました。
私の第一印象は「そんな都合いい話あるわけない!」と思いました。

ただ弟がやることなのでむやみに反対せずに静観することにしました。
弟が成功したらやろうかぐらいに思っていたんです。

たまたま出張から早く帰ってきた時、弟が見ていたネットワークビジネスの説明のビデオを勝手に見てみました。
サーファーで成功してる人のライフスタイルのビデオも見てみました。
正直、同年代でこんな生活をしてる人がいるなんて悔しかったです。
だんだん引き込まれて行きましたが、やる気になったのを見せないようにしたのです。



0円起業で権利的収入自由人になれる!

お金のかからない仕事でこんな大成功はおかしいという疑念は持ったままでしたが、
弟に無断でネットワークビジネスのミーティングに行きました。
家の黒板にミーティングの予定が書いてあったんです。
母親は一度そのアップライン*1の家にも行ったことあるらしく場所を教えてくれました。

弟が会社から帰ったら「ネットワークビジネスやめさせに上の人のミーティングに乗り込む」と言うように母親にお願いしました。
そして自分はまだ何もわかってないのに友人2人に「お前らもネットワークビジネスやることになったから一緒に聞きに行こう!いや、なんも心配ない。俺も初めて行くんや!」と。

弟は「兄貴は何考えてるねん!」と慌ててアップラインの家に来ました。
その頃には説明を聞き終わり、友人2人も私のフロント*2でサインアップ*3が終わっていたのです。

かくして私は0円起業*4を始めたのです。



まずは年収2000万を目指す

起業をするには大金が必要。
しかも失敗の可能性もあるし、成功してもサーフィン三昧にはならなさそうです。
しかしネットワークビジネスは極めてローリスク、しかも自由人になれることがわかったのです。

もしネットワークビジネスでの成功を逃したら、私は一生サラリーマンのままだろう。

今までは将来のことが心配だからせめて社内預金に燃えていた。
でも、これからは違う。
まずは2年で年収2000万円を目指そう。
携帯電話も持ってないし、まだパソコンも会社にしかない時代。
私は当時のアナログやり方でネットワークビジネスを頑張るのでした。



ゴミ発言をする人間になるな!

副業禁止だからっていう人がいる.

これはやらない言い訳ですね。しかし求めるなら今は明確な回答があります。
関連記事 
副業 会社バレはどうなる? - 30代アーリーリタイアのススメ


●成功したいけど努力は嫌っていう人が多い。

努力なんて嫌~好きなことだけして生きたい~って何度も言われました。
感覚人間だとか、ナチュラル人間だとか、よくわからない言葉で自分を正当化する人がいました。
こういうゴミ発言する人は残念ながら一生成功なんて無いです。



やるべきことを好きになれば成功します

成功する人は実は努力なんかしていないんです。
いや外から見たら努力に見えるでしょう。
しかし本人は努力ではなく夢中なのです。
それを見て「努力は嫌~」なんてゴミ発言でしかないですね。

なのでやるべきことを好きになればいいんです。
いえ、本当に成功した姿が脳裏にいつもあれば、勝手に夢中になっているはずなんです。
それはセルフイメージとか潜在意識とかいうらしいです。
関連記事
引き寄せの法則の使い方合ってますか? - 30代アーリーリタイアのススメ



今はインターネットを使ったネットワークビジネスが0円起業ができるようになりました。
株式会社等を起業する手間もかかりません。
もちろん友人や知人に口コミをして販売していく訳ではありません。

アナログ時代のネットワークビジネスをみて「人脈の差」とか「人間力の差」が成功への差になっていると思う人も多いと思います。
まず「人脈」は語るのもくだらないので成功には関係ないと断言させてください。
人間力」ですが、成功者が思う人間力と、まだ成功してない人が思う人間力は違います。
本当は「人間力の差」が成功の差ではないんですが、わかりやすくそうしておきましょう。
アナログ時代のネットワークビジネスは「人間力」が必要だということで話を進めます。


ではデジタル時代のネットワークビジネスは何が必要でしょうか?
ズバリ言うと「発信力」です。

インターネットを使いネットワークビジネスを起業すれば、興味のある方だけが集まってきます。
インターネットが24時間あなたの代わりに集客してくれる。
きっぱりと友人・知人を口コミしなくて良いです。
もう断られることもありません。

そしてアナログ時代には無かった努力の方法に夢中になれると思います。
ゴミ発言さえしなければ、アナログ時代とはまた違った成功方法で成功していけるでしょう。
今までの成功者のステレオタイプとまた違ったタイプの方が成功するでしょう。


人間力」に対して「発信力」
私もデジタルビジネスで新しいネットワークビジネスに時代を拓いています。
私は副業で始めたネットワークビジネスで、32歳でアーリーリタイアしてから20年以上になります。
サーフィンと海外旅行中心の生活を、ストレスなく送っています。
インターネットブランディングを中心とした手法でネットワークビジネスを成功に導きます。
権利的収入に興味のある方、副業などリアルな情報欲しい方公式LINE登録
こちらからお願いします。
↓   ↓

ブログランキングに参加しています。

よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村


B A G U S  S U R F

*1:弟の上位にいる人のこと

*2:自分が直接スポンサーするという意味

*3:ネットワークビジネス企業に登録を済ませるという意味

*4:当時は¥8000程度の入会金が必要でした。現在は¥0になっています