30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

引き寄せの法則の使い方合ってますか?

いつも最後までお読みいただき有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
ビジネススクールセミナー部門第1位独走中です!
よろしければポチっと押していただけると、ブログを書く励みになります。
⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ
にほんブログ村
私は32歳でアーリーリタイアし、サーフィンと旅行中心の生活をしています。



INDEX

引き寄せの法則

今日は引き寄せの法則についてお話しします。
起こったらいいなぁと思うことが、実際に起こる事を引き寄せの法則と言います。


潜在意識と顕在意識

人間には2つの意識があります
★ 潜在意識(無意識)  95%
★ 顕在意識(意識)  5%
です。

例えば目標達成すると自ら表明(顕在意識)してても、頭のどこかで潜在意識が邪魔をします。

● どうせ言ってみたけど今回も無理だろう〜
● どうせ私は成功者になどなれないだろう〜

と思ってる限り、その目標は達成できません。


そりゃそうです!
95%を占める潜在意識に、5%しかない顕在意識が勝てる訳ないからです。

オリンピック選手やスポーツ選手の、子供の頃に書いた作文っていうのが、最近話題になります。
これってことごとく実現してるケースが多いです。
サッカーの本田選手は当たっていない事は、ブラジルに勝つことだけで、残りは全部その作文通りになっているんです。
ユニフォームの背番号までです!

実際には優勝すると宣言しなかった人で、優勝した人がいないのも有名な話です。
成功する人は潜在意識が、できるになっています。

つまり潜在意識が「できる」になっている時、引き寄せが来ます。
なので引き寄せの法則と口走っていても、引き寄せない人が沢山いるのはこの為です。
潜在意識が「できる」になっていないのです。
しかしこの潜在意識は変えることができます。
この方法はまた公式LINEでお話ししますね。


引き寄せた実例

私自身、成功してると言う事は、引き寄せの法則を使えたと言うことです。
私の体験した事をベースにお話しします。

①日本史100点

私は社会の授業が好きでした。
小学校のとき社会のテストで100点を取ると、クラス中のみんなに宣言していました。
中学校の頃は模試で日本史を100点取ると、宣言していました。
そして何回も100点を取りました。
大学の入試もこの日本史に救われまして、希望以上の大学に合格することができました。
私がまだ未成年の頃に引き寄せたことです。



②サーフィン大会優勝

その次はサーフィンの大会です。
自分よりも上手い人たちが出てくるのは、よくわかっていました。
でも練習もかなりしていましたので、優勝以外は狙わない!と言っていました。

これには妻も呆れていましたね。

そりゃそうでしょう。
アーリーリタイアするまでの2年間は、サーフィンを殆どやっていなかったのです。
そしてアーリーリタイア3ヶ月後の大会で、いきなり優勝すると宣言したわけですから。

結局その大会では優勝、32歳の時でした。
その後も数々の入賞することができました。



ネットワークビジネスの成功

その次はネットワークビジネスです。
これは自分の潜在意識を大きく変えることで成功に導かれました。
それはミーティングのお陰です。
1部の人しか成功しないと思って始めましたがミーティングで見る収入を取ってる方々が、意外に普通だと言うことを知ります。
それであの人たちができるんだったら、僕もできるに決まってると思えました。

つまりセルフイメージが高くなったのです。

その日からは2年でダイヤモンドというレベルになると、周囲に言いまくっていました。
ダイヤモンドの難易度?そんなの丸無視です。

そして当時住んでいた神戸市東灘区で僕より頑張ってる人は居ないと周りに言いふらしていました。
ところが実際はヨーロッパ出張ばかりで、ビジネスに時間を割く事は他の人たちよりも少なかったのです。

結果的には4年でダイヤモンドなりました。
ただしその前に2年でアーリーリタイアは完了したのです。

この時まで引き寄せの法則という単語さえ聞いたこともなかったんです。
なので引き寄せの法則という単語を、知ってるかどうかは関係ないんです。



④海外でサーフィン三昧

長いことサーフィンをしていてサーファーズイヤーと言う耳の穴が狭くなる疾患にかかりました。
これは冷たい水から身を守るために耳の穴が狭くなる疾患です。
そのまま続けていくと難聴になるので私は日本の冬のサーフィンを断念します。

その頃から僕は海外だけサーフィンする!と言い切るようになりました。
当初は口で言ってるだけで「半分は日本でやってるやん」と思われていたかもしれません。

ただ数年かからずにその通りになりました。
海外サーフトリップは150回をこえます。
まさにエンドレスサマーになったのです。
つまり「強く願い努力」した場合だけに引き寄せが起こるのです。

しかしその努力が嫌々ならかえって逆の結果を引き寄せます。
なので努力というより「夢中」が正しいですね。


潜在意識を高め成功に!

潜在意識を高め<思い通りの人生を楽しみませんか!
私のビジネスはネットワークビジネスを通し、アーリーリタイアしたい人を支援します。
将来の不安のない権利的収入を、まずは副業ではじめることをおススメしています。
そして潜在意識を高くできる県境を提供します。

公式LINE登録はこちらからお願いします。
登録と同時に、「副業を選ぶ時、ここだけは押さえたい!」という、プレゼント動画が送られます。
↓   ↓