30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

近鉄特急ひのとり

いつも最後までお読みいただき有難うございます

ブログランキングに参加しています。

ビジネススクールセミナー部門第1位独走中です!

よろしければポチっと押してくださいませ⇒ にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ

 にほんブログ村

私は32歳でアーリーリタイアし、

サーフィン中心の生活
をしています。

最近は昔から好きだった鉄道の旅を、毎月楽しんでいます。 

youtu.be

最近の鉄道トピックスと言えばこれでしょう!

近鉄の難波〜名古屋間の新しい特急、

ひのとり

が3月14日から走っています。

鉄道マニアじゃなくても、ひのとり登場は、このコロナの時期に明るい話題ですね!
難波駅スマホで写真を撮る人は、明らか鉄道マニアでない女性も多かったです。


"ひのとり"は車齢30年のフラッグシップ特急、
"アーバンライナー"を一新する目的です。

そして200円か900円の上乗せ料金が、特別車両料金としてが全車両に発生します。
1番前と1番後ろの車両が、900円上乗せのプレミアム車両です。
切符を購入しようと試みましたが、窓側の予約が取れないです。



停車駅の少ない甲特急"アーバンライナー"を、"ひのとり"に順次置き換えます。
"アーバンライナー"は停車駅の多い乙特急に、格下げされていきます。


アーバンライナーの後期型NEXT


そして私が大好きだった戦後復興を支えた、車齢50年近い12200系乙特急の役目を終え、アーバンライナーと入れ替わり引退します。


高度経済成長を支えた12200系

それが感慨深く2019年は何度も名古屋に行き、わざわざ12200系に乗りました(笑)
youtu.be




私が近鉄のファンなのには理由があります。

それはどんな時でもポジティブってこと。

近鉄は1963年までは難波〜名古屋を3時間、当時国鉄は特急で2時間でした。
ところが、1964年東海道新幹線開通で、国鉄は新大阪〜名古屋を1時間で結び、近鉄は窮地に追いやられます。
その時に近鉄がとった対策が秀逸です。
スピード競争を捨て、新幹線の発着に合わせ、神社仏閣への特急を走らせたのです。
そこで活躍してきたのが前出の12200系です。

臨機応変 まさにそのものです。
それを皮切りに近鉄特急は観光特急に、シフトしていくのです。

今では観光特急は、しまかぜを筆頭に、通勤路線が脆弱な近鉄のドル箱です。

youtu.be


神社仏閣参拝特急の伊勢志摩ライナー



ピンチがチャンス
 とよく言います。
ピンチをチャンスに変えるためのチャンスを、モノにできた好事例なんでしょうね!

YouTube近鉄特急史ほぼ全て見ましたが、当時の近鉄経営陣の英断に感動します。
まさに損して得取れ!ですね。


近鉄 吉野参拝観光特急ブルーシンフォニー


私たちもピンチに遭遇する事があります。
コロナウイルスもまさにその一つでしょう。
ピンチをチャンスに変えていきましょう!


公式LINE登録はこちらからお願いします。
登録と同時にプレゼント動画が送られます。
↓   ↓