30代アーリーリタイアのススメ

公式ブログ 普通の会社員がネットワークビジネスで成功し32歳でアーリーリタイア。将来の不安をなくし自由人に導くブログです。

ネットワークビジネス企業選び方

この記事を読むメリット

● MLM企業ごとの特色がわかる

● 権利的収入になりやすい企業がわかる

● どんな企業を選べばいいかわかる

 

いつも最後までお読みいただき有難うございます。 ブログランキングに参加しています。 よろしければポチっと押してくださいませ! にほんブログ村 経営ブログ ビジネススクール・セミナーへ
にほんブログ村

 

INDEX

ネットワークビジネスを選ぶ4つの注意点

 

ネットワークビジネスを選ぶ4つの注意点!

潰れない会社を選ぶ

潰れない会社を選ぶ!ということです。

これは最重要です!

でも潰れる会社を選んでしまう方も多いんです。

ネットワークビジネスの新興企業設立後、5年以内に99%がつぶれています。

例えどんなに大きなグループを作っても、会社が潰れては元も子もありません!

自分自身だけでなく、紹介した多くの方に迷惑をかけます。

設立したての会社は要注意で間違いないです。

上陸したてで誰も知らないとか、美味しいフレーズ裏にあるリスクを考えましょう。

外資ネットワークビジネスの場合、ハーバードビジネススクールの発表では、

1年以内に潰れる確率は90%5年生き残れる確率は0.1%未満である》

大手のネットワークビジネス企業をお勧めします。

 

消耗品を扱う会社を選ぶ

ネットワークビジネスを選ぶ上で、2番目に重要な注意点は消耗品を扱う会社を選ぶ!

つまり、リピート商品を選ぶ!ということです。

例えば、下着などの耐久消費財を扱ったら、一件成約でもマージンとしては魅力的です。

しかし耐久消費材は購入後のリピートが弱いです。

つまり常に新規顧客を開拓しなければならない。

これでは権利的収入ではなく労働収入です。

理想的な商材とは、1ヶ月で使いきれる日用品。

毎月の購入金額が少ないので負担もすくなく、リピート購入で毎月の権利的収入になるのです。

多くの人に喜ばれる商品で、他にはないオンリーワン製品かどうか?

この点をしっかりと見極めましょう。

 

販売型ではなく購買型の企業を選ぶ

販売型と言うのは販売会や体験会を開いて、そこで客を獲得していくプランです。

ディストリビューター価格と小売価格が存在し、小売利益を稼ぐ事を推奨する場合もあります。

《購買型》は自家使用製品を購入する企業です。

ですので在庫を抱える必要もありません

私が行っているビジネスは購買型の企業です。

販売型は個人の力量がモノを言います。

なので初心者の方には購買型をお勧めします。

 

 

インターネット展開できる企業を選ぶ

ネットワークビジネスは口コミのビジネスです。

しかし、インターネットがここまで普及した今、インターネットを利用しない手はありません。

インターネットは史上最強のツールで、ほぼコストなしに情報発信することができます。

色んなビジネスがインターネットを利用してます。

ネットワークビジネスも例外ではないです。

しかしインターネット不可の企業も多いのです。

インターネットをビジネスに利用できるか?

それともあくまでも対面販売しかできないか?

それは重要な選択肢と言えるでしょう。

インターネットを集客に利用すれば、口コミのデメリットはなくなります。

インターネットを利用できるか?否か?は成功する為の極めて大切なポイントなのです。

 

◆関連記事◆

ネットワークビジネスを解体!検証! - 山本 団十郎 勉

 コロナで得れる権利的収入!? - 山本 団十郎 勉

 

 

公式LINE登録はこちらからお願いします。 登録と同時に、

「副業を選ぶ時、ここだけは押さえたい!」 という、

動画が贈られます!

 

B A G U S S U R F

f:id:BagusSurf:20200219081246j:image

(部屋の窓から)